あなたの食生活、コレステロールを増やす原因になっていませんか?

あなたの食生活、コレステロールを増やす原因になっていませんか?

コレステロールと生活習慣

生活習慣や食習慣が乱れてくると、コレステロールは溜まりやすくなるようです。

 

特にコレステロールは生活習慣病とも密接な関係があります。

 

多くの生活習慣病は不規則な生活や夜更かし、寝不足、夜中の飲食、過度の飲酒や喫煙などが原因となっています。

 

20代の頃は多少無理が効いても、年齢を重ねて中年以降になると、体力や免疫力が低下してきます。

 

そのため、若いころのような無理が効かずに、不摂生をするとすぐに身体にダメージが表れてしまいます。

 

生活習慣病は大病に繋がる恐れもあり、中でもコレステロールが高いのは危険なことかもしれません。

 

日本人の多くが野菜不足といわれています。

 

ファストフードなどの外食が多かったり、過度な飲酒が続くと、塩分や糖分、脂質などが過剰になり、コレステロール値は高くなってしまいます。

 

さらに運動不足が加わり、さらにコレステロール値は悪化してしまいます。

 

そして肥満や高血圧などになり内臓脂肪がたまっていき、メタボリックになってしまいます。

 

何でも便利になっている現代ですが、動かなくても何でもできるようになり、それがかえってコレステロール値を上げている原因になってしまっているかもしれません。

 

意識をして毎日の生活に運動を取り入れて行く必要があります。

 

また、現代人はさまざまな精神的ストレスを抱えています。

 

そのストレスを解消するために、アルコールや甘いものやジャンクフードなどを大量に飲食してしまっては、さらにコレステロール値を上げてしまいます。

 

このような悪循環に陥らないためにも、野菜を中心とした食生活を心掛け、適度な運動を行い、早寝早起きをして生活リズムを整えて行くことが重要です。

 

コレステロールを下げる為の生活習慣とは

 

本来 コレステロールというのは細胞膜を造るのに欠かせない脂質なんですが、体内でコレステロールが多いと今度は血がドロドロとなり生活習慣病になるリスクが上がってしまいます。

 

特に中年の男性でお腹周りの脂肪が気になるなんて人は、健康診断などでコレステロール値を見るのが怖いなんて人が多いのではないでしょうか?

 

女性だって美容と健康の為にコレステロール値に関心がある人も沢山いるでしょう。

 

なのでコレステロールを下げる為の生活習慣を紹介したいと思います。まず最初に行う必要があるのが食生活の改善です。

 

ちなみにコレステロールを多く含んでいる食品というのは牛肉、豚肉、レバー、バター、チョコレート、卵黄などが挙げられます。

 

基本的にお肉と甘いものが好きな人というのは知らず知らずの内に血管にコレステロールを溜め込んでいることになってしまいます。

 

反対にコレステロールを下げる食品はごぼう、キャベツ、たまねぎ、にら、にんにくといった野菜類に大豆、海藻類、きのこ類、緑茶などですし、あと青魚などは血液をサラサラにするとよく聞きますよね。

 

それと日常的に運動をすることが重要なポイントだと言えます。まあ普段運動をしない、運動が苦手という人はウォーキングでもいいですし、せめてしっかり入浴して汗を流すように心がけましょう。

 

またお酒の飲みすぎ、喫煙、ストレスなどの生活習慣もコレステロール値に影響を与えます。致命的なダメージになる前に日々の生活主観を見直してみることをお勧めします。

 

ただ、やることがありすぎてまずどれがいいの?という方はおすすめのコレステロールを下げる方法を読んで勉強してからのほうがいいでしょう。

ホーム RSS購読